ライフスタイル

笑顔と美肌の関連性

いつも笑顔でいるとお肌にハリが出てくる!

こんにちは、今回は「笑顔でいると肌のハリも改善する」というテーマでお伝えします。

私は接客業で働いていた頃、笑顔でお客様と喋ることが多かったせいか、頬の筋肉が自然と鍛えたれていたらしく、肌にハリがあって、実年齢よりもかなり年下に見られていました。

その後、デスクワークに転向して、モクモクと書類のチェックやパソコン画面を凝視する仕事を続けていた頃、ふと気が付くと、ほっぺたが以前よりも垂れ下がって、老け顔になっていました。これではいけないと思って、なるべく人と笑顔で話すように意識し、人と話してない時もなるべく仏頂面にならないように口角を上げるようにしていたところ、頬のタルミが少し改善しました。

また、頬の筋肉を鍛えることも大事だけど、柔軟性も必要な気がしたので、手のひらで顔を温めたり、優しくマッサージしていたところ、以前のように表情が生き生きとしてきて、また実年齢よりも下に見られることが多くなりました。

 

私の経験から、人と笑顔で話すと、顔の筋肉が鍛えられて頬の位置が上がり、若々しく見られるようになります。効果な美容器具やマッサージクリームなどを使わなくても、自分の筋肉で顔のタルミが解消され、ほうれい線も消えるので、こんなにコストパフォーマンスに優れた方法は無いと思います。

しかし、同じ笑顔でも、ストレスの溜まる仕事をしている場合は効果があるどころか、完全に逆効果になる事も分かりました。私は一時期、コールセンターで電話の受付の仕事をしていたとき、接客業であるにも関わらず、顔がどんどん垂れ下がり、老け顔になった事がありました。顔の見えない相手と話すことは、対面の接客よりも遥かに難しく神経を使いますので、毎日がストレスの連続でした。

ストレスを受けると脳に影響がでて、やがて頭皮に、そして頭皮と繋がっている顔の皮膚にも影響が出てきます。

笑顔で喋ることは顔のリフトアップに効果大ですが、ストレスを溜めながら無理に笑顔で喋っていたら効果が無いどころか、悪影響になることを実感した出来事でした。

 

笑顔でお喋りすることは、頬のタルミに非常に効果があります。頬のタルミが解消すると全体がリフトアップするので小顔になり、ほうれい線も気にならなくなります。どんな美容法よりもコストパフォーマンスに優れているし、何より非常にお手軽に出来るので、多くの人にオススメの方法です。

しかし、どんな美容法やトレーニングも体の一部分のみを意識しているだけでは、最大限の効果は引き出せません。顔の皮膚が頭皮と繋がっていて、脳の働きとも密接な関係があること、その脳の働きを活性化するには、普段の食生活やストレスを溜めない生活を心がける事が大切です。

ストレスの無い生活など、実現するのは難しいと思いますが、ストレスを受けても溜めこまなければ大丈夫です。ゆったりお風呂に浸かったり音楽を聴いたりするだけでも、ストレス解消の効果はあります。

今行っている美容法の効果を最大限に引き出すには、心身の健康も何より大切であることは間違いありません。